那珂川も納竿か?

10月21日 水曜日

鮎友を誘うが,すでに納竿したというので,

1人でこんなところへ。

流芯はなぜか白く見える…

他に釣り人はいない。

カミの縄張り漁に1人。テトラの下に投網1人。

ハミ跡はあまり確認できないが,

右岸の石はきれいなので,

この辺りからオトリを入れてみた。

流芯は底石の色がボケているように見えたので,

流芯の脇~右岸の辺地ねらい。

ときどきハネもあったので1時間近く粘ってしまった。

一度だけアタリのような?

オトリが変な動きをしたので手元に戻してみると,

ごく小さな鱗がついていた。雑魚っぽい。

それ以外は1時間まったく何もなかった。

やはりハミ跡の少ない場所はダメだな。

2カ所目は,

こんな場所。黒く見えるのが岩盤。

川に入ってみると,白く見えるのも岩盤だった。

↑野鮎がよく見えたところ。

野鮎が追いかけっこをしていた。

ここに決めた。

(見える魚は釣れないのに)

まずは野鮎の見えた岩盤へ。

泳がせているつもりだったが,

ねらいところへオトリを入れるの四苦八苦。

当然,アタリをもらえず。

プチ移動。

オトリが元気だったので強い流れで,

ボ抜けの1尾,というか今日の全釣果(;´・ω・)

ぷっくらとした雌鮎。

流れも強かったので,アタリも盛期と同じで「ガガーン」!

野鮎は泳ぎが違う。強い流れでもしっかりと底に入る。

連発を期待したが…

少し歩いて,

ブロックの下流もハミ跡で石がきれいだったが,

人が歩き回るところなので,

アタリはなし。

上下で10人以上の人。

釣れないので見ていたが,

すぐシモの人がオトリサイズを2尾。

右岸の人が1尾。

他の人は自分と同じ(´;ω;`)

3時に納竿。

帰りに箒橋の下流を見て(@_@)

人が多いとは聞いていたが、

竿1本くらいの間隔で並んでいるのが見えた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

人面?

次の記事

鮎釣りは箒川で納竿 2020