鮎釣りは箒川で納竿 2020

那珂川は興野へ。

川見。手前は完全な垢腐れ。

箒川へ。

釣りやすい所は竿の列(@_@)

↓誰もいないこんな流れへ。

釣り始めようとすると,シモに2人,カミに1人。

黒く見えるところにオトリを入れて,様子を見るが…

反応がなく,次は↓

誰もやっていない。右岸の辺地。

真ん中から辺地を狙ってみた。

ところどころにハミ跡のある石は入っていたのだが…(;´・ω・)

さらに下って,箒橋のすぐ上。

波立ちの付近。鮎の姿が見えたので。

行ったり来たりで黒い筋を泳がせるが反応なし。散々,攻められた後か?

車で上流の福原橋へ。

パッと見,7人くらいの人が左右に分かれて入っていた。

黒岩盤のところが釣れていた。

強い流れの中で良型を掛けるのが見えた。

また,連発する姿も。

右岸側の人も掛けた。

まるで盛期のような感じに見えた。

誰もやっていない一番下のザラ瀬の中で2尾掛けることができた。

オトリサイズだったが,アタリはばっちり!

3時で納竿。

↓ハミ跡がたくさん見られたので,鮎はまだまだいるのだろう。

2020年の鮎釣りは今日をもって終了。

思うような釣果をあげることができなかったシーズンだった。

来年の解禁までは長いなあ……。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

那珂川も納竿か?