那珂川鮎釣り やっと2回目

ある動画を見て,

今日は那珂川の上流へ。

まずは,やぶ漕ぎ(車で)をして,↓こんなところへ。

川見をしていると,下流からヤマメ釣り人が。

まったくアタリはなかったそうだ。

川の中へ入ってみた。

石はちょうどいい大きさの石が入っているのだが,

ハミ跡がほとんどないうえに,垢腐れがすごい。

この場所は諦めた、せっかくやぶ漕ぎしたのに…。

次は,

いい流れだが,ハミ跡がないので,

さらに歩いて上流へ。

何とか橋の見えるところ,

同じくハミ跡は???

せっかくここまで来たので,

入川場所まで1時間釣り下るが,まったく反応はなし。

掛かるのは時間と腐った青藻(;´・ω・)

釣り人がいないのもうなづける!

移動。好きな流れに。

新箒橋の上流。

去年よりさらに小砂利で埋まった様子。

釣り人も少ないわけだ!

この辺が一番のポイントだったが…

下流から上がってきた人の話では,

朝一でこの場所をやったが,チビが1尾だけだったとか!?

↑ここだけは釣れてるらしい。

右岸にも2人。

その2人はポツポツと掛けていた。

型もよいらしく,下って慎重にタモ入れするようすが見えた。

下流の釣り人に接近するのは嫌いなので,

深瀬の一番上のところからスタート。

油断した…(;´・ω・)

出し掛かりで2度ほどアタリがあったが,

1尾目は掛かりが浅かったようで,溜めている間にバレ。

2尾目はハリを持っていかれた。

この日のハリは小さめの6.0号。3本イカリ。

ハリを7.5号に替えた。

持っているハリの最大のもの。

考えれば8月。さすがに6.0号はないわな!

少し間があったが,ようやく3回目のアタリで1尾。

11時49分。

オトリと同サイズくらい。

12時になったので午前の部終了。

12時,花火の合図とともに,

投網人が20人くらい来襲。至るところでバシャバシャ。

ほとんど鮎は入らなかったらしく,30分くらいで撤収も。

次から次へと入れ替わり立ち代わりΣ(・□・;)

しかもほとんど獲れていない…

鮎がいないのか?

移動も考えたが,

「釣れないので上がり」「激込み」らしいし,

暑さで消耗もしているし,

人も少ないので継続することに,

午前中にアタリのあった↑この場所から。2時少し前スタート。

暑かったので休憩十分。リフレッシュしたはずだが,暑い!

水も温く感じる。

自分のすぐ下に入ったベテランの人がポツポツ掛け始めた。

こちらは掛からないのでしばらく見学。

オトリをまったく引かずに,止め泳がせでふらふらさせている感じ。

掛かると下って辺地に寄せてタモですくう。

オトリ交換にはなぜかすごく時間が掛かっていたが,

オトリを入れると,また掛ける。

午後はこの人が一番掛けたかもしれない。

同じように粘ったが掛からず。

上流の強い流れの流芯から釣り下ることにして70mくらい上流へ。

投網に散々叩かれた辺地はパス。投網が入りにくい流芯ならと考えた。

流れは速いが,黒っぽい石も少なく,青白い岩盤上でオトリは流されるだけ。

下って,瀬肩付近でガガガーツとアタリ。

見事なアタリを堪能(今年初),じっくり遊びたいところだが,

慎重に抜いてタモ入れ。(^^)v

オトリが替わると次が期待大。

そして,すぐに来る。

アタリはグウイ~ンって感じ。

2尾ともサイズは大したことなく,20cmくらい。

時間は3時。暑さに負けそうだが,釣れると元気復活。

4時まで粘ることにした。

その甲斐があって,1尾追加。

この1尾が鮎釣りの楽しさを倍増させてくれた。

アタリはグイーンって感じだったが,走り始めると,

何度も流れの強い方へ引っ張られ,

一瞬,「ヤマメか,虹か?」と思うくらい。

辺地に寄せてみてもなかなか抜けず。

やっと抜き上げると,タモキャッチもギリギリ。

重量満点の良型22cmくらいか?

延長決定!

さらに20分ほど粘ったが,ギブアップ。

トホホのトータル4尾だが,

前回の4倍も釣れたと考え,満足!?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ジョグは朝に限る

次の記事

オリンピックの刺激