鮎釣り 久慈川休漁明け

10月1日~7日の1週間の禁漁が明けたので,

久慈川へ釣行。

まずは,

↑こんなところへ。

9月30日,禁漁の前日に爆釣した人がいたとか!?

その前日29日の川見でハミ跡と石の具合は最高と見えたが,

投網が近くにいたので,網が入っているのだろうと判断し,

釣りをしなかった場所。

開始前に下流から移動してきた人に話を聞くと,

朝早いうちに二人くらいやっていたが釣れずに移動したとのこと。

まずは左岸から。

石色の良いところの下流。

下流の波立ちの中に鮎がいると予想した。

仕掛けはフロロコーティングのPE01,背バリ。

結果は…

9時半~12時で5尾。

逃走1,バラシ2。逃走鮎はデカかった(´;ω;`)

午後も同じ場所でスタートしたが,

バラシが2回続いた後,アタリがなくなったので移動。

午後2時からは前回と同じ場所。

釣り人はそこそこいるが,専用区ほどはいない。

↑こんなところでスタート。

100mくらい上流の瀬肩を狙いたかったのだが,先行者が粘っていた。

帰り際に聞くと,午後から瀬肩で7つ,

釣り下って,計16,7尾は掛けたとの話。

一歩沖合を釣ることを念頭に,

手尻を長めに出して,広く探る作戦であったが,

肝心の仕掛けを車に忘れた!

取りにいくのも面倒なので仕掛けは,複合メタル02を使った。

午後2時過ぎから4時終了。

休漁明けの久慈川の釣果は,

1カ所目5尾。こちらは型がよかった。最大23cm。

2カ所目8尾。こちらは20cm前後。

合計13尾と,楽しく遊ぶことができた。

9時10分頃の水温,18.5℃

13時10分頃の水温,22.4℃

やはり水温の上がる午後の方が追いが良くなるようだ。

雄もまだ錆が出てなくて,使っていても黒くならないので,

久慈川はもう少し楽しめそうだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

単線メタルの強さ??

次の記事

宣言明け