鮎釣り 久慈川は納竿か!?

10月11日(月)久慈川へ。

途中,川見1ヶ所。

8時半くらいだが,すでに釣り人。

橋の上から鮎を探すが見えない。

ここの岩盤は真っ黒で光っている石が多く見えた。

釣り人も一人。

今日の1カ所目は↓。

しばらく雨が降っていないので,大分,水位が低い。

釣りやすそうなので,土日に相当攻められたハズ。

案の定,瀬肩では無反応。

次は瀬の開きへ。

ここも立ち込みやすくなったので,

たぶん場荒れしていた!?

右岸寄りの速い流れでやっと1尾。

開始45分も経っていた。

下流まで100m近くを釣り下って,追加2尾。

午前中は計3尾で終了。

午後は,500mくらい上流へ車で移動。

ここはハミ跡がまだ鮮明に残る。

浅い辺地の石などはぴかぴか。

浅く緩い流れには鮎の姿が見え,近づくとサッと逃げる。 

↓深場には鮎がかなり見えた。

ここで竿を出すことにして,

オトリを入れると即アタリ!

が,バラシ(1回目),鈎掛かりが悪かった。

この後,バラシが連発。(2,3回)

あと少しのところまで寄せるが,鈎が外れた。

鈎が合わないと考え,交換。

やっと取り込むことができた。

その後,根掛かりを外しに入ってしまったため,

2尾しか追加できず。

下流を釣りたかったが,先行者がいたため,

ずっと下流まで歩く。

↓こんなところでようやく1尾。出し掛かりだったので期待したが…。

狙っていた瀬が空いたので,

釣り残しがあることを期待。

粘っていると,ポツポツと掛かってくれた。

4時までやって,さらに5尾追加。

合計11尾になったところで終了。

11尾中,雄2尾は錆が出始めていた。

なので,今回の釣行で納竿(1回目)とした(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ダイソーマウス