鮎釣り 箒~那珂川

新しく作った複合仕掛けと鈎を試しに,

箒川,分流の瀬肩へ。

水草が黒く見える。

オトリ替えを狙って,辺地へ。

オトリはすっと入ったが,反応なし。

少しずつ釣り下って,一番下流へ。

ここまでに天然チビ鮎を4尾。

当たりは感じたものの,あのガツーンというにはほど遠い。

最下流のこの深場には鮎が溜まっているようで,よく見ていると結構な数の鮎が見えた。

少なくとも,自分が掛けた鮎よりは大きい。

釣り友が那珂川の上流部で良型を掛けているというので移動。

広々とした流れ,大汗をかきながら,瀬肩のところまで上がってきた。

右岸寄りに見える波立ちの始まりを狙いたかったのだが,

先行者の方がいるので断念。

その後,下流まで川見をしながら竿を出してみたが,

どこでも掛かるというわけではなく,

むなしく時間だけが過ぎ,汗も半端ない(´;ω;`)

午後2時を過ぎるとあやしい雲が近づいてきた。

遠くの方から雷鳴が聞こえ始めた。

何とか瀬の開き付近で1尾を掛けて,納竿。

釣り友は25cmを筆頭に良型を13尾。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

複合メタル

次の記事

スイカを収獲