鮎釣り 鮎より人の方が多い!?

最近の鮎釣り。

土日祝に関係なく,平日でも釣り人多数。

一か所目は箒川の瀬へ。

8時半着だったが,すでに狙いの瀬には先行者。

少し上からスタート。

一度,底バレがあったのみで,

…。…。…。

無反応が続く。

今日のオトリは?な感じだが,

竿抜けを想像しながら,急瀬のピンポイントへ。

めずらしく勘が当たり,鮎からも当たりをもらえる。

が,竿が柔らかいため(本当は万年初心者なので),

抜き上げたのは良かったが,

手前の波頭に接触した瞬間のポトリ(いつもの光景w)。

鮎がいることがわかったので,

続けて,急瀬のピンポイント狙い。

的中,20cmサイズが連発。

ここまでは良かったのだが,

上から下から,対岸から釣り人来襲。

動けない釣りは苦手,というより,

ピンポイント狙いができなくなったので,

移動。

二カ所目は超有名場所。

ここも人が多いかと思ったが,

釣れずに帰った人が多いらしく,

目の前の釣りやすそうな早瀬が空いている。

でもそんな罠に掛からない!

ここも竿抜け探しで川切りして,

押しの強い平瀬へ。

途中,鮎の姿が見えたので期待したが,

押しの強い小石底は自分には難しい。

釣果は諦め,川見に徹することにした。

右岸に戻り,上流から下流まで竿を入れながら,底石を見て回る。

結論は,

目の前の早瀬は釣りやすいが,鮎抜け!

下流の急瀬は鮎は残っていそうだが,対応の仕掛けと竿でないとダメ。

さらに下流の岩盤付近は,めぼしいポイントがない。

もし狙うなら,左岸の草前の急瀬!という結論に達した。

上がりの1尾が掛かってくれたので気分よく納竿した。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。