獲らぬ”鮎”のシミュレーション

釣行記録ではなく,

たまには,釣行前記録,シミュレーションをしてみる。

頭の中での釣りは毎回組み立てていて,

そのとおりになることは,ほとんどないのだが。

明日は,那珂川北部地域。鍋掛周辺に入川予定。

さっそく。

人気場所は避けて,車を止める場所から,下流に歩く。

10分近く,川の中や河原のやぶの中を歩くと,

そこには,平瀬~瀬肩~急瀬~荒瀬が見事に広がっている。

歩いている途中の川の中にも逃げ惑う鮎の姿が見え,

ハミ跡で石も光っている。

すごい場所を見つけてしまったようだ。

まずは,平瀬の釣り。面の釣り。

オトリを下流に送り出し,扇状に広く探る。

開始10分で待望の1尾目。背掛かりで気持ちのよい当たりを味わう。

20cmくらいのオトリ頃。

この野鮎は次も掛けてくる。今度は少し大きく23cmくらいはありそうだ。

ちょうど親指~小指の長さと同じくらいだ。

この平瀬で5尾ほど掛けたところで,

次は瀬肩~始まる,本日メインの急瀬。

背バリを装着。

背バリだけで入るといいのだが,そこは野鮎に期待。

水中糸はアーマードの01なので,25cmくらいまでなら大丈夫だろう。

急瀬の狙いは縦波。

波が底石で盛り上がった下流側にできる波を狙ってみる。

眼を凝らして,急瀬の中のそんなところにピンスポットでオトリを打っていく。

3か所目でついに当たり!

流れが強いので慌てて竿を立てて凌ぐ。

なかなかオトリ鮎が出てこない。

足元に気をつけながら,下って寄せ,何とかタモ入れできた。

25cmの良型。

元の場所まで戻り,同じ流れの筋にオトリを入れる即当たり。

今度は流芯に入られ,

ハイサヨナラ(´;ω;`)

切れたところをみると,

06の下付け糸の結び目。

仕掛けを直し,釣りを継続。

良型を含め,ツ抜けを達成した辺りから,雲が厚くなってきたので納竿。

戻りの川歩きとやぶ漕ぎは疲れたものの,

楽しく遊んでもらえて満足の釣行だった。

な~んで,シミュレーションというか,夢想だわな(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。