シミュレーション効果!?

17日 土曜日

明日18日~しばらくは雨続きの予報なので,

行かなくちゃと,那珂川へ。

前回のシミュレーションどおりに行動。

川へ着くと,やぶ漕ぎをして,目指す理想郷へ。

初めての場所なのでどこを通ってよいかわからず,

悪戦苦闘。釣り場に着く前にバテそう。

途中の分流には,鮎の姿がたくさんの予定だったが…(;´・ω・)

予定外の始まり。

歩くこと15分。

やっと,着くと,

そこは平瀬。しかも,予想よりも浅い。

ハミ跡もあるにはあるが,全面にはなく少ない。

人の歩くであろう辺地の石だけがいい。

下流には釣り人2人。 

両岸から竿を出している。

急瀬の瀬肩~瀬の開き,最良スポットはすでに抑えられていた!?

しかたなく,80mくらいの瀬の中ほどへ。

流芯は強い流れで水が通っているが,

狙いの縦波,流れの壁が少ない?というか,そんなところは少し浅く見える。

背バリを付けて,オトリを点打ちしていくように探ってみる。

10mくらい下がったところでいい当たり!

型もまずまずのように見えた。

少し伸され気味で流芯に入られたので,強引に抜くとバラシ(´;ω;`)

同じ所では当たりが出ないので,

当たりが出たようなで止め泳がせをして見るが,

その後は当たりはなし。

瀬尻まで釣り下る。

瀬尻はカーブになっていて,少し緩い流れになる。

ここでオトリ頃を1尾。

10時20分なので,開始1時間も掛かった。

シミュレーションとは大分違う。

新しいオトリのためか,次もすぐに掛かる。

が,抜き上げたときに空中でバラシ。

よく見ると,1号ハリスが切れていた。

石に擦れて傷んでいたのか?

その後はまったく当たりなし。

どうやら,この理想郷は場荒れが進んでいて,鮎が少なく,自分に掛かる鮎はいない!!

早めの昼飯を食べながら,移動の適否を考えた。

釣り友は,小川近辺でかなり掛かっているという話もあり迷う。

そこまで1時間の距離。

時間がもったいない。

移動はなしにして,せっかくの初場所なので,

竿抜けを探すことにした。

ふと見ると,入川の際に渡った幅4mくらの目の前の流れが気になった。

幅も狭いし,その割には急瀬だし,

鮎がいるかどうか別にして,竿抜けだろう。

午後の部開始。

急瀬の開きからスタート。

さすがに釣り人が川切りするところなので無反応。

少し釣り下り,強い流芯の向こう側へ。

逆光になっていて,川のようすはまぶしくて見えない。

いつも意識している「流れの壁」みたいなところ。

強烈な当たりで,竿が伸された。

柔らかい竿なので,しっかりと曲げると野鮎も止まる。

ちょっと遠目だったが,抜いた。

しかし,抜くときに出ていた岩に少しかすり,

嫌な音が「ゴン」。

タモ入れした野鮎を見ると,動かない!?

やってまったあ…。

もう一度同じオトリにがんばってもらう。

同じ場所で当たり。しかも良型。

慎重にタモ入れする。

手幅よりやや大きめなので23cmくらい。

「竿抜け」を確信\(^_^)/

この後は,瀬の上下で25cmくらいも掛かり,

シミュレーションどおり,ツ抜け達成。

ダブルツ抜けくらいは掛けたが,

タモや手から逃げられたりなどで大して増えず,

帰り道3時間の運転を考え,4時半納竿。

シミュレーションとは違う展開だったが,

釣果とサイズはほぼ同じ。

運に恵まれた釣行だったと感謝。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。