ジムニー車中泊仕様完成

ベット架台でよりフラットに

昨日はベット架台の仮組までいきました。今日は仕上げです。

仕上げは現場合わせしなくてはいけませんので、自宅で行います。

①まずは昨日仮組したイレクターのベット架台を車に取り付けて、その上にすのこを乗せ、フラット具合を確かめます。

②次に架台の足部分を多少カットし、よりフラットを目指します。

③すのこ板の裏に、架台イレクターを固定するジョイントをねじ止めします。

④滑り止めマットを乗せ、その上にモンベルのマットを敷き、完成です。

①ベット架台を助手席の上に乗せ、足の長さを微調整する。

 

 

 

 

 

 

 

 

②すのこの裏面に、固定用のジョイントをねじ止めする。

 

 

 

 

 

 

 

 

③ベット以外ではクーラーボックスなどを乗せるため、滑り止めマットを敷く。

 

 

 

 

 

 

 

 

④今までは、助手席のヘッドレストやクッションで調整していたが、よりフラットになりました。これで熟睡は間違いなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく車中泊釣行をしたいのですが、天気予報がよくありません。使うのはいつになるのでしょうか。

ベット架台の作成にかかった費用ですが、

イレクターパイプ,ジョイントが3,310円。パイプカッター,接着液,木ねじが4,110円。合計7,420円です。

カッターが高価でした。その以外の材料はまずまず。木材で作った方が経済的かと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

那珂川釣行4回目