那珂川釣行4回目

6月17日(日)鮎釣りに行ってきました。今回の場所は那須ニコンの下流です。

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中に2尾。午後1尾。合計3尾で終了です。orz (´;ω;`)ウゥゥ

いつもより早い時間。8時5分には川の中にいました。

やる気満々です。

が、鮎のやる気が↓↓↓

トロ場では鮎のハネがたくさん見られました。ちょっとは期待したのですが。

昨年はこのハネとハミ跡に見事に騙された経験があるのです。ハネとハミ跡を見て入川し、ことごとく貧果でした。なので、気にしないようにしていたのですが、やっぱり気になります。

 

最初は瀬肩の緩いところでオトリを替えようと考えましたが、1時間粘っても反応がまったくないため、本命の早瀬に入りました。

オトリはできるだけ引き回さないように、やさしく扱っていたために元気です。

で、来たのが写真の野鮎です。早瀬の流心の脇でガガーンときました。後で時刻を確認すると9時26分でした。この時点では周りの釣り人が全然釣れていないので本日の初鮎です。

オトリが替わったので次も期待したのですが、同じ流れでは来ません。

少し上手の流れで来ました。今度はオトリよりも少し小さめですが、アタリはばっちりでした。

この後、この流れの上下や前後で粘りますが、アタリはありませんでした。

昼食後、午後も同じ場所で粘りますが、同行の仲間もまったく掛からないので移動します。

八溝大橋の下流の早瀬です。釣り仲間の3人が竿を出していました。

ちょうど河原に着いたときにそのうちの二人がばっちりと掛けているところでした。サイズは20cmを少し超えたくらいでした。

俄然、やる気がアップ。すぐに準備してスタートします。空いていた流れは上流のザラ瀬しかなかったので、そこから。ザラ瀬は嫌いではありません。過去にいい思いをしたことが何度もあります。

午後3時~4時半まで粘ったのですが、釣れたの終了間際の4時25分でした。サイズは22cmとこの時季にしては○です。

正直釣ったというよりは掛かったという感じです。

ちょうど強い流れのところだったので、オモリを付け、少しオトリを上に引き上げようと持ち上げたときにググッときました。鮎のような感じではなかったので、やばいかなと思っていたら、下流に向かっていったので、波が上がるところに合わせて抜き上げるとばっちり抜くことができました。

鮎釣りは不思議です。オトリを何とか泳がせ、横へ行かせたり、ふらふらさせたりと苦心しても掛からないのに、何気なく、持ち上げた拍子に掛かってしまうことがあるのです。

連発を期待しましたが、さすがにそれはありませんでした。寒くなってきたので、納竿しました。

今年の鮎釣り、アベレージは3尾???ハアーッ

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

那珂川釣行6月19日