鮎釣り 深トロ

深トロの釣り

鮎釣りシーズン初めて深トロに挑戦しました。

瀬が思うように釣れないため、釣り友の勧めで深トロで竿を出しました。

猛暑日が続くのでウェットタイツを用意し、仕掛けは泳がせを意識したフロロ03。

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真の竹林の切れた付近です。遠くから見ると、深トロに見えませんが、川の中に入っていくとだんだんと深くなり、腰から胸くらいの深さまで立ちこみ、右岸側を狙います。

オトリは仕入れたばかりの元気養殖鮎でしっかりと泳ぎます。「上飛ばし」も何回もできました。と、ここまでは順調だったのですが、掛かりません。開始1時間でチビ鮎1尾です。

養殖2尾目に交代しました。しかし、1尾目と違い、これも思うように狙った筋には入りません。

腕の限界です。深トロの泳がせはオトリの動きをコントロールすることができません。

午前中は結局チビ1尾の釣果です。

釣り友は午前中に5尾。しっかりとオトリ替えができています。

 

午後もここからスタートしますが、午前中にも増して、オトリが入って行きません。

残念ながら深トロは諦めて、下流の早瀬を目指します。上流から見ていると、この流れには人が並んでいました。

やれる場所はないかと下っていきました。時間だったのでしょうか、一人ひとりと納竿していきます。

やれる場所が空いたので、さっそく竿を出しますが、アタリは出ません。

オトリも弱ってきているのでラインを複合に変え、オモリ1.5号を付けて見ました。

すると、アタリが。

しかし、ハリス切れです。1.0のフロロなのですが?です。

次もアタリが。慎重に寄せてタモ入れをしようとしたところ、掛かりどころが悪かったのか、バラしてしまいました。

せっかくのアタリ、残念です。

終了時刻が迫ってきたので、また、深トロに戻りました。釣り友は粘りに粘って、午後も掛かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

何事も粘りが肝心なのでしょうか。

釣り友が掛かり鮎を貸してくれました。

さっそくオトリを替えると、よく泳ぎます。ねらいの筋までまっすぐ入っていきます。で、即掛かり。

が、極チビ鮎です。

これで参ってしまったのか、高水温のためか、2回目は泳いでくれませんでした。

 

結局、私はチビ2。釣り友は23cmを筆頭に18尾の釣果。腕の差が歴然でした。

深トロは、ウェットだと快適ですが、どうもじっと動かずに静かに釣ることが性に合わないようです。

深トロで腕を磨くか、それとも好きな早瀬か、悩むところです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

餃子、美味いね。

次の記事

箒川鮎釣り