鮎釣り 9月9日 続き

前回の続き

箒川から、那珂川へ。

高瀬やなの向かい側。左岸へ入りました。

目の前は膝下くらいの深さです。瀬肩のところも良さそうに見えますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

左岸の際を石やハミ痕を見ながら、少し上流へ歩きました。

辺地際にはハミ痕もありますが、ピカピカではありません。

下の写真の鏡のようなところでやってみます。

ここを選んだのは鮎のハネが多く見られたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

深さは腰ぐらい。川底に入っている石は一抱えくらいのものから様々。石は曇っていません。

ハネもあり、期待して始めます。ゆっくりとした変化の少ない流れは普段はあまりやりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ釣り下ってきました。岸から20mくらいのところに流れのヨレがありました。

このヨレも後で確かめますが、コンクリートブロックの大きなものがあり、その影響でヨレができたようです。

その下側は砂混じりの小砂利でした。

ヨレだけの変化で粘っていたら……

そのさらに沖にもヨレが見えます。(写真 真ん中左辺り)

この間で待望のアタリです。グーッと来て引いていきます。

ガガーンというようなアタリでないため、嫌な予感がしました。

あいつかもしれないので、下りながら慎重に耐えました。なかなか顔を見せません。

やっぱり、あいつかあと思いながら、20mくらい下ってしまいました。

で、何とか取り込むと、良型の鮎でホッとしました。

背掛かりで重かったようです。

この場所での最初の1尾なので慎重に抜きました。

これで展開が変わることを期待しました。背掛かりのオトリは元気に泳いでくれているのですが、掛かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、入川場所の下流。ザラ瀬もやってみましたが、反応はまったくありませんでした。

膝下くらいの流れで投網には最高の場所だったので、すでに抜かれた後かもしれません。

午後5時前に納竿。

今日の釣果  箒 6尾(ほとんどチビ) 那珂川 1尾  計7尾

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鮎釣り 9月9日

次の記事

那珂川釣行 9月12日