花に癒される

日に日に暖かくなり,それとともに庭の草抜きが忙しくなる。

今年もまた草との戦いが始まった。

近所の新しい家ではほとんどの家の庭が人工芝だったり,舗装してあったりで,土の部分がない。

私は庭に草木がないと落ち着かないが,草抜きの大変さを考えるとうなずける。

そんな草抜きにもよいことがある。

庭の花にとても癒されるのだ。たかが花だが。

ボケ。一本の木でいろいろな花色を楽しめる。とげのある枝がすぐに伸びてくるのは困るが,花が終わったら,詰めるようにしている。

きれいな花にはとげがあるのだろうか?

日当たりのいい場所ではないが,今年も咲いてくれた。

ミツマタ。名前の通り,見事に三又の枝が伸びていく。葉芽の前にこんな花が咲く。そろそろ終わり。葉芽も出てきているのが見える。

ハナモモ。不思議なのだが,同じ木なのに花の色が赤だったり,白だったり,赤白の混合だったり。大きく仕立てないように詰め過ぎたためか,今年は花が少ない。

この時季だけがきれい。もう少しで満開。

ツバキ。花弁の色と重なりの妙。自然の力はすごい。

ツバキはこの後の散り方も見事。私もこうありたい,なんて。

この時季だけの花々だが,草抜きの合間のちょいとした癒し,ご褒美か。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

地区自治会総会

次の記事

スイセンがきれい