新那珂橋跡~若鮎橋下~富谷橋下

8月7日 水曜日

昨日に続き,鮎釣り連チャン。

が,鮎に連チャンなし(笑)

目指すはここ。

新那珂橋跡の上流,左岸。

朝,7時半。人はまだいない。

対岸にはオトリ屋さんか?

ここをゆっくりと釣り下る予定。

ハミ痕の大きさとその数に(@_@)。

期待は高まる。

ここまできれいにハミ痕が見られる場所はシーズン初。

でも,ハミ痕で鮎が釣れる訳でもない。

少し緩めのこんなところから始める。

その頃には少し人が出てきた。

見える石のところまで立ち込んで,まず1尾。

良型,21cmくらいか。

その後はまったくアタリなし。

鏡のような水面のところの底石を見てみるが,

白い岩盤が見えて,他に石はあまうない。

そのためか,見た目緩そうに見えるが,

意外と底流れがきつく,ノーマルでは止めにくい。

こんなところでは鮎は溜まっていないか?

すぐ下の人も1尾。やはり連発はなし。

この後,釣り人がこんな状態になる。

動けない場所は苦手なので,

大石のすぐ上までプチ移動。

止めても,引いても,動かしても,

何をしても反応なし。

下のザラ瀬もやってみたかったが,

人が2人ほど入ってしまったので断念。

この後は写真はないが,

若鮎橋の下流右岸,富谷橋の下流右岸と渡り歩き,

それぞれで1尾ずつ(´;ω;`)。

二日間の合計でもツ抜けできず(´;ω;`)。

釣り友Hさんはこの日,烏山の深瀬で良型ばかり18尾。

同行のSさんは2尾。

深瀬かあ。

苦手なんだわ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

箒~鍋掛~と彷徨い