「一日一生」ではなく,

「続・一日一生」(朝日新書)

天台宗大阿闍梨(だいあじゃり),

酒井雄哉(さかいゆうさい)さんの著書。

数年前に読んだ。

始めは「続・一日一生」を読み,

後から「一日一生」を読んだ。

「続編」の方が自分的にはよかった。

不思議に思い,もう一度読んでみたが,その思いは変わらなかった。

「一日一生」

(その日一日を一生だと思って生きることで日々が充実する?)

と思っていた。

この本は当時の自分に考える機会をくれた。

「一日一生」ではなく,

「一日一事」に徹しようと考えて生きている(笑)

気が多い方なので,あれもこれもと思い,

いくつものことを一遍にやろうとすることが多い。

できることもあるが,消化不良も多い。

「一日一事」でやっていこうと決めた。

ふと思いついたので,ブログにアップして,

備忘録とする。

さて今日は何をしようかな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

北浦RUN 5日目

次の記事

門松作り その2 竹