那珂川 川中6201歩

8月5日(水)今日は釣り友2名と合流。

オトリ屋さんに7時集合。

昨日のオトリは生け簀にオトリ缶とともに沈めて置いた。

見ると,1尾が弱っていたので,塩焼き用に提供。

まずは,

ここまで河原を歩いてきた。

朝で涼しいとはいえ,昨日の疲れもあり,(;´・ω・)

やっと竿を出してみたくなる流れがあった。

写真では分からないが,少し濁りがある。

昨日上流部で降雨でもあったのか?

上の瀬肩付近にも二人。

本日の1尾目。オトリより少し大きいサイズ。

ガガーンとナイスなアタリ。

慎重にタモ入れする。

いつも最初の1尾は心地よい緊張感が堪らない。

「この1尾で今日の釣りは劇的に変わる」

勝手に思いこんでいる。

せっかくいい感じのときに電話。

急用ができたようだ。

簡単に指示をして,釣り再開。

この流れで3尾掛ける。チビ1尾含む。

対岸,左岸の流れが気になったので,

瀬肩を回り込んで渡渉。

いつも瀬肩というところには釣り人ががんばっていて,

回り込むのに体力を消耗する(;´・ω・)

↑この流れでも良型を2尾掛けるが,

1尾はタモからジャンプで脱出。

敵ながらあっぱれなヤツということで👏

少し下ったところでも1尾。

こちらのアタリは最高。

流れのヨレの中にオトリを誘導した瞬間,

ガガーンと痺れるようなアタリ。

このアタリはこんな流れでしか味わえないなあ。

が,よいこともそこまで。

オモリをつけての釣りのため,

油断をして少し緩めると,根ガカリ。

-2,ロスト。

途中戻りながら,竿を出してみるが,

しっくりと来るところがない。

釣り友二人は,2尾と5尾。

さすがだ!

自分は1尾死亡の+1(´;ω;`)

午後は移動。

そして,

↓釣り友Sさん。

↓釣り友Hさん。

2人は腰ぐらいの深さまでは入っての深瀬釣り。

じっくりと粘って掛けたようで,

Sさんは7尾(5尾追加)

Hさんは20尾弱。良型も。

自分は歩いて歩いて,最終的には↓

先行者の人に聞くと,「まったく釣れない」

とのことだったが,

どうしたわけか?

出し掛かりで3連発。

それもすごいアタリで!

が,ここでも1尾のみの追加。

掛かり鮎が大きいので,抜いて上流へ着水させたときにさよなら1尾。

もう1尾は寄せて,慎重にタモ入れしようとした瞬間にさよなら。

最後にタモ入れしたのが↑

この後,根掛かりで場所を荒らしてしまいエンド…

2日間,よく歩いた。

河原や川中の5000歩~は効いた(;´・ω・)

釣れないとなおさら沁みる!((´∀`)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

那珂川鮎,スイッチOFF